プロ道具まとめ

【2023年3月保存版】空撮用おすすめドローン5選。

更新日:2023/05/23 

Youtubeチャンネル「Drone Pilot / 藤本ひろき」の動画です。
動画で紹介されているドローンを紹介します。

1、DJI Mini 3

※プライベート用としておすすめ

  • 軽量でコンパクト:Mini 3の重量は249 g未満。ハイキングやロードトリップ、ビーチなど、様々な外出先に持って行くのにぴったりです。
  • 長くなったバッテリー駆動時間:38分のバッテリー駆動時間で、Mini 3は長時間飛行することができます。インテリジェント フライトバッテリー Plusを使えば、さらに長い51分の飛行時間を楽しむことができます。
  • 高画質で撮影:4K HDR動画で、クリアな空撮映像を撮影できます。昼夜を問わず、明暗部のディテールまで鮮明に捉えます。
  • 縦向きで、SNSに最適な映像を:縦向き撮影を使えば、高層ビルや滝のような高さのある景観を簡単に撮影することができます。縦向きフレームなので、撮影後は、そのままInstagramやTikTokに投稿することができます。
  • 撮りたい瞬間を逃さない:インパクトある映像を手軽に撮影。クイックショットを使って、ダイナミックな飛行パターンで撮影したり、大迫力のパノラマ映像を撮影したりすることが可能です。
  • 風が吹いても、安心飛行:風が吹いても大丈夫。Mini 3は、風速38km/hの風の中でも飛行できる風圧抵抗性能(スケール5)を備え、安定した飛行で撮影を行うことができます。
  • インテリジェント フライトバッテリー Plus × 2が同梱され、長時間飛行を実現します。同梱の新送信機DJI RCには、DJI Flyアプリがプリインストールされ、5.5インチHDディスプレイも搭載。直射日光下でもクリアな映像を表示します。

2、DJI Mavic 3 Cine

※最強性能としておすすめ

  • その映像は、全てを凌駕する - 4/3インチ CMOS Hasselbladカメラを搭載し、センサーは12.8ストップ ダイナミックレンジに対応し、明部、暗部ともにより細かなディテールまで再現し、プロの映像クオリティを確保します。
  • 46分の飛行時間 - 最大飛行時間が驚異の46分まで伸び、より長く滞空することができ、撮影に余裕が生まれます。よって、1つのバッテリーでも撮りたいショットを全て撮ることができます。
  • 向上した飛行安全性 - DJI Mavic 3は、進化した全方向障害物検知を搭載したカメラドローンです。どのような場所でも安全性を発揮し、安心して飛行することができます。
  • 見たことない光景を求めて、さらに遠くへ - DJI Mavic 3は最大15 kmの伝送距離(日本:8 km)を誇り、より遠くまで飛行して、その冒険の様子を捉えることができます。O3 伝送システムを使用するので、滑らかなライブ映像の安定した伝送を実現します。
  • スマートなRTH機能 - 進化した高度RTHシステムで、Mavic 3は迅速かつ安全に、最適化されたルートを通って、ホームポイントまで戻ります。バッテリー残量が低下したり、パイロットが操作したりして、RTHを開始すると、ドローンは今までにないほど簡単に帰還します。
  • プロレベルの撮影と編集 - Mavic 3 Cineは、Apple ProRes 422 HQコーデックで記録します。これにより、より多くの視覚情報が映像に記録され、後処理編集での可能性が無限に広がります。
  • この商品は、電波法の技術基準に適合した無線機器です。周波数帯: 2.4 GHz
  • ActiveTrack 5.0、ハイパーラプス、マスターショット、クイック転送、DJI セルラー伝送ドングル、クイックショット、トリムダウンロード、100MP パノラマモード、これらの機能はファームウェア更新で利用可能になりました。
  • Quick_Start_GuideとSafety_Guidelinesは商品ガイドとドキュメントのところに用意してありますが、どうぞごダウンロードして活用してください。
  • ウェイポイント飛行機能を使用すると、Mavic 3は、事前に選択した飛行ポイントに沿って飛行ルートを自動飛行します(さらに、正確に飛行を繰り返します)。

3、DJI Mavic 3 Classic

※コスパ最強としておすすめ

  • 4/3型CMOS Hasselbladカメラ - スウェーデンの名門カメラメーカーHasselbladが、再びDJIとタッグを組み、DJI Mavic 3シリーズ用空撮カメラ L2D-20cを設計し、4/3型CMOSセンサーを非常にコンパクトなスペースに収めています。
  • 高解像5.1K動画 - プログレードのイメージング性能で、細部までよりクリアに捉えます。オーバーサンプリング技術で、4K/60fps動画を撮影することもできます。
  • 最大飛行時間46分 - Mavic 3シリーズのバッテリーを使用でき、最大ホバリング時間40分、最大飛行時間46分を実現。バッテリー残量の心配をすることなく、撮影に集中できます。
  • 全方向障害物検知 - APAS 5.0により、Mavic 3 Classicは、飛行中いつでも全方向の障害物を検知でき、スムーズに障害物を回避しながら、安全な飛行を実行します。
  • 最大15km HD動画伝送 - Mavic 3 Classicは、最大伝送距離15kmを達成。(日本:8km)これにより、安定した信号伝送とクリアな1080p/60fps映像伝送が実現し、撮影の可能性が広がります。
  • アドバンストRTH - Mavic 3 Classicのスマートで便利なRTH機能を使えば、設定したポームポイントまでの最適な帰還ルートを自動で計算し、そのルートに従って安全に帰還します。
  • DJI Mavic 3 Classic(DJI RC付属) 機体とDJI RC送信機が同梱されています。DJI RCには、DJI Flyアプリがプリインストールされ、5.5インチHDディスプレイを搭載。直射日光下でもクリアな映像を表示します。
  • ウェイポイント飛行機能を使用すると、Mavic 3 Classicは、事前に選択した飛行ポイントに沿って飛行ルートを自動飛行します(さらに、正確に飛行を繰り返します)。

4、Autel Robotics EVO Lite+

※夜間撮影用としておすすめ


Autel Robotics EVO Lite+ プレミアムバンドル (オレンジ) リモートID内蔵型 ATTIモード対応 ドローン カメラ付き

5、DJI Mini 3 Pro

※縦動画用としておすすめ

  • 【軽量&高性能ドローン】撮影に集中できる、高い安全性 - 重量249g未満で折りたたみ可能なコンパクトボディは、携帯しやすく、どこにでも持っていくことができます。
  • 【プロレベルの映像品質ドローン 】4K/60fps動画と48MP写真を撮影でき、細部までクリアに捉えます。進化したカメラシステムはデュアルネイティブISOに対応し、絞り値はf/1.7。どんな時間帯でも高品質の映像を撮影します。
  • 【タップするだけで縦向き撮影ドローン 】再設計されたDJI Mini 3 Proは、縦向き撮影機能を搭載し、ジンバルは90°回転し、SNSに投稿しやすい縦向き映像を撮影できます。クロップ編集で画質を落とすことはもうありません。
  • 【長い飛行時間ドローン】より長く、より創造的に - Mini 3 Proの飛行時間は、最大34分。これは撮影ポイントを探索して、撮影までできる十分な長さです。
  • 【障害物検知ドローン】安心して撮影に集中 - DJI Mini 3 Proは、3方向障害物検知とAPAS 4.0を搭載。Miniシリーズ史上最高の安全性を誇ります。
  • 【インテリジェント機能ドローン】どこでも撮影して、すぐに共有 - DJI Mini 3 Proには、フォーカストラック、縦向き撮影、マスターショット、タイムラプス、クイック転送など、インテリジェント機能が多数搭載されています。
  • 【送信機】新送信機DJI RCにはDJI Flyアプリがプリインストールされ、5.5インチHDディスプレイを搭載。直射日光下でもクリアな映像を表示します。

--

以上、【2023年3月保存版】空撮用おすすめドローン5選。でした。

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
定期的に見ておきたい
ドローンの記事一覧

【2023年3月保存版】空撮用おすすめドローン5選。

その他
プロ道具まとめ  プライバシーポリシー・広告について
管理コード
【2023年3月保存版】空撮用おすすめドローン5選。
ろへはほぁ ぞはんべど
ゃじずぉせ けゃがゅぢ
ずおゃじす ぺずぞごぉ
ゅぇらずか てぉぜべぅ
げそぉてぽ ゃゆぼばで
ゅぐらだご をつねぴぉ
ぺそむぶざ だそめつて
ざへぽうで じぇれぁお
あこすかぴ なよっへぬ
りそわむち ゅゃみさい
ハバヌァニ ョボロヒゼ
ヤクソヘブ ボタエルバ
ハダビケデ ヨブタロエ
パフィスネ マォナゴッ
デイエゲポ ポサルガオ
ルミタポロ ヨモユケマ
プフネパポ スワゾジヤ
ャィウキタ ボエニサテ
ガチブヅヌ ボテシュベ
ゥガグレタ ビグヨペホ