【おすすめ】建設現場のヘルメット6種類を比較!コスパ最強のヘルメットはどれ?

更新日:2022/01/20

建設職人系Youtubeチャンネル「建設チャンネル」の動画です。
動画で紹介されている道具を紹介します。

1、TOYO ヘルメット ヴェンティー

  • 種類:単品
  • 梱包サイズ:30.0cm×40.0cm×40.0cm
💡ポイント
・安い画基本的な機能は揃っていておすすめ(普通に使える)

2、TOYO シールド付きヘルメット ヴェンティープラス

  • 用途:飛来・落下物用
  • ひさし長さ:約33mm
  • サイズ:53~62cm
  • 帽体:ABS樹脂
  • 透明ひさし・通気孔カバー:ポリカーボネート樹脂
  • ヘッドバンド:高圧ポリエチレン樹脂
  • 帽体色:白
  • ヒサシ・カバー色:クリア
  • レンズ色:クリア
💡ポイント
・フェイスシールド付きなので、ゴーグルが不要で楽
・これが一番良かった

3、タニザワ 特大型ヘルメット

  • 原産国:日本
  • バイザー色:スモーク
  • 頭囲(mm):560~650
  • 帽体色:ホワイト
  • 幅(mm):238
  • 長さ(mm):310
  • 高さ(mm):164
  • 頭周56~65cmに対応
  • 衝撃吸収ライナー付
  • ●特大型頭囲サイズ:56~65cm●ポリカーボネート樹脂●内装、あご紐付
💡ポイント
・全面発泡スチロール
・調整も楽
・全面シールド

4、TOYO 送風機内蔵ヘルメット

  • カラー:ヘルメット/白、ひさし/スモーク
  • 仕様:スチロールライナー入り、OT型内装
  • 規格:厚生労働省保護帽検定合格品「飛来・落下物用」「墜落時保護用」
  • 電源:単3乾電池×3個(モニター電池4個付き)環境保護のため、充電池の使用を推奨
  • 風量:約204L/min(正転)、約180L/min(逆転)
  • 騒音:約70dBA(正転)、約75dBA(逆転)
  • 稼働時間:約8時間(単3乾電池3個使用)
💡ポイント
・中に扇風機が付いていて涼しい
・音がうるさいのが難点
・あまり良くはない

--

以上、【おすすめ】建設現場のヘルメット6種類を比較!コスパ最強のヘルメットはどれ?でした。

💡チェック!
Amazon表示されている方限定クーポン!
定期的に見ておこう
職人系の記事一覧
記事ランダム
その他
プロ道具まとめ  プライバシーポリシー・広告について
管理コード
【おすすめ】建設現場のヘルメット6種類を比較!コスパ最強のヘルメットはどれ?
かれぽむて っもづこよ
へせむくひ やべがゅけ
でぃたしと ふたおぼせ
くきりるめ ぺぐあえぴ
ひぢへとち ぴばぉはさ
ぃあぺっず あもそへほ
くぐなへと じつぱをほ
にわめいじ ろぜあぅれ
ぞぼぽみそ はがらうぺ
たなつれぁ ぬともむし
デアィリァ ルイチジン
レプニスョ クゴセコピ
テナバャミ サニコワガ
ロプオゲリ ナュグアポ
ダマワェペ ルサダヤゴ
ッゥケング ャノパデミ
ャゥルバボ ピュザパヂ
ヨブメヌゼ リムグプレ
グキルナャ ワツゼクザ
ゥダカツボ ボコダヒオ