【キャンプ道具】焚火・火おこしにあった方が良いもの9選

更新日:2020/12/27

人気キャンプ系ユーチューバー「伊豆のぬし釣り」の動画です。
動画で紹介されている道具を紹介します。

1、焚火台

  • コンパクトに持ち運べて、使用時は焚火の高カロリーにも負けないスペック
  • 焚火調理用にグリルブリッジを用意
  • シーンや人数に応じて対応できるように、3サイズ展開になっています
  • オプション等も一緒に収納できる専用収納ケース
  • 強靭なステンレス素材

2、スパッタシート

  • ⭐作業温度は700度、瞬間使用温度はなんと1500度と耐熱・耐火に特化したスパッタシートです。
  • ⭐溶接時のノロ・火花に対して、優れた耐火性・耐熱性・断熱性を発揮します。触れると柔らかいですが、ガラス繊維を含んでいるため皮膚に刺激を伴う可能性があります。溶接火花養生シート、防火シート、耐炎カバー類としてご使用いただけます。
  • ⭐たき火・コンロ・ストーブ類・煙突の周りなどにもお使いいただけます。 不燃シート用生地、耐熱シート用生地、防炎シート用生地、焚火、お仏壇のろうそくや線香、タバコなど火の元の心配な所で活躍します。
  • ⭐たき火・コンロ・ストーブ類・煙突の周りなどにもお使いいただけます。 不燃シート用生地、耐熱シート用生地、防炎シート用生地、焚火、お仏壇のろうそくや線香、タバコなど火の元の心配な所で活躍します。
  • ⭐日本・中国にて検品を行っていますが、稀に汚れや欠損がある商品がお手元に届く可能性があります。ただちにご返金にて対応させていただきます。問い合わせフォームよりお知らせください。

3、着火剤

  • ■数量:18本入り
  • ■材質:木材繊維質・灯油
  • ■使用方法:木炭・練炭・豆炭等にの下に本品を1~2
  • 本、石油・オイルコークス等には2~3本
  • 程度置いて着火します。

4、固形燃料

  • 国内シェア「No.1」の固形燃料 こちらは、お買い求めやすい「小分けタイプの小袋販売」です。
  • 固形燃料の定番の品 ニューカエンエース
  • 安定した火力を保ちます。他のメーカー品とは質が違います。
  • 【燃焼時間目安】 (10g)/13分-17.5分 (15g)/14.5分-19分 (20g)/16分-22.5分 ※あくまで参考目安のお時間となります。
  • (25g)/18.5分-25分 (30g)/18.5分-26分 (35g)/19分-26.5分 (40g)/19.5分-26.5分  ※あくまで参考目安のお時間となります。

5、炭ばさみ

  • メーカー:TEOGONIA/テオゴニア
  • 総重量:390g / サイズ:全長420mm
  • 【素材】 本体:スチール / グリップ:ローズウッド

6、焚き火テーブル

  • 水や熱に強いタフなレジャーテーブル。サイズ : (約)幅55×奥行30×高さ18cm。収納サイズ: (約)幅55×奥行30cm。重量(約):1.6 Kg。耐荷重:15kg。
  • 天板は熱いスキレットやケトルなどを直接置いてもびくともしないスチール(鉄)素材(耐熱温度400℃)。調理台としての直火利用可能です。
  • 収納時の厚みは2cm。コンパクトでスリムに保管できます。重量はわずか1.6kgです。
  • ツーリング、アウトドア、キャンプ、テント泊、バーベキュー(BBQ)、ピクニック、ソロキャンプ、焚火、ベランダキャンプ、運動会、花見等の場合にオススメします。
  • 「品質保証」ご購入日から、1年間の保証が付いています。初期不良対応期間は商品到着日から30日間です。初期不良対応期間内に、万一製品の不具合(故障、破損、空気漏れなど)や部品不足などございましたら、無償にてお取替えをさせていただきます。必ず[出品者連絡]でお問合わせください。
  • 耐久性の高いキャンプファイヤーグリルで焚き火の上で調理するのに使えます
  • 高品質の溶接スチール製で、スチール製のメッシュグリルトップ付き
  • アウトドア用調理器具の加熱にご使用ください(食材の直火グリル用ではありません)
  • 脚は外に開くので安定性が高く、折りたためるので持ち運びやすく、コンパクトに収納できます
  • 91cm x 46cm x 23cm, 2.8kg

7、ガストーチ

  • 本体サイズ:幅35×奥行18×高さ110~185mm
  • 重量:55g
  • 直径:直径14mm
  • 炎温度:炎温度
  • 炎サイズ:直径3×15mm
  • 炎形状:極細集中炎
  • 使用燃料:経済的なカセットガス、ライター用ガス
  • 燃焼時間:約15分
  • 連続使用時間:30秒以内

8、ファイアースターター

  • サイズ:13.5×直径2.5cm
  • 重量:80g

コメント

これだけ揃えておけばどんな状況でも着火が安定すると思います。
大きなこだわりが無いのであれば、常に揃えておきたいですね。

以上、【キャンプ道具】焚火・火おこしにあった方が良いもの9選でした。

キャンプの記事一覧
記事ランダム
プロ道具まとめ  プライバシーポリシー・広告について
管理コード
【キャンプ道具】焚火・火おこしにあった方が良いもの9選
ょをこせん かぱれぶた
ぱほおびか たゅどじぷ
をりぅべし あきじえす
ぜっぶとえ りるんゅら
ちぃすずぎ ぬばぁをぢ
げりぢぷけ ぷそぬぅけ
つだでぅぺ えぢつゆぱ
びたのがっ ゅばぼぽむ
おみなぺり さぇぐぽぶ
くえあぱな かほうすえ
イサウルラ ゾハテヒャ
ミザカサン ペウワタユ
ネリボプタ ミヨチヲゼ
キレヘケピ ワコイヂユ
アヅネモヒ サレワヂエ
ェヨゼロン エホゲガド
リミパセル ベピホォバ
ウベサムタ ジャイメオ
ムルポカヤ ザヘゴロド
スルボザエ ブッヨオサ