【登山】休日に山でコーヒーを淹れる・キャンプ道具で作るこだわりのコーヒー

更新日:2021/07/04

キャンプ系Youtubeチャンネル「おきがる Camper・Kazu」の動画です。
動画で紹介されている道具を紹介します。

1、HARIO V60 コーヒーサーバー

  • サイズ:幅18×奥12.5×高13.3cm 口径9.2cm
  • 材質:ガラス本体/耐熱ガラス フタ・バンド・取っ手/ポリプロピレン ブッシング/シリコーンゴム
  • 原産国:日本
  • 実用容量:700ml
  • 食洗器可、電子レンジ可、熱湯可

2、HARIO V60 コーヒードリッパー

  • サイズ:幅13.7×奥行11.6×高10.2cm、口径11.6cm
  • 材質:本体/AS樹脂、スプーン/ポリプロピレン
  • 原産国:日本
  • 1~4杯用(一杯120ml)
  • 食洗機可、熱湯可
  • 付属品:V60計量スプーン
  • 2007年度グッドデザイン賞受賞

3、PURIMUS IP-2243PA 2243バーナー

  • 原産国:エストニア
  • 出力:3600kcal/h
  • ガス消費量:250g/h
  • 燃焼時間:約55分(IP250タイプガス使用時)

4、SOTO スライドガストーチ ST-480

  • 本体サイズ:幅35×奥行18×高さ110~185mm
  • 重量:55g
  • 直径:直径14mm
  • 炎温度:炎温度
  • 炎サイズ:直径3×15mm
  • 炎形状:極細集中炎
  • 使用燃料:経済的なカセットガス、ライター用ガス
  • 燃焼時間:約15分
  • 連続使用時間:30秒以内

5、PRIMUS ライテック・ケトル0.9L

  • 原産国:中国
  • 重量:198.5g(収納袋込み)
  • サイズ:直径15.5x高さ8.1cm
  • メッシュスタッフバッグ付属

6、PORLEX コーヒーミル2

  • サイズ:φ4.9cm×高さ19.2cm、重さ:270g
  • 材質:セラミック、ステンレス、POM、鉄、PP
  • 原産国:日本
  • 容量:一度に約30g(約3人分)のコーヒー豆を挽くことができます。
  • 仕様:新仕様になり、より細かな粒度調節が可能に ※1目盛平均:37ミクロン (旧仕様:80ミクロン)。/ より少ない回転数でコーヒー豆を挽くことが可能に。(同じ回転数で約1.3倍多く挽くことができます)

--

以上、【登山】休日に山でコーヒーを淹れる・キャンプ道具で作るこだわりのコーヒーでした。

キャンプの記事一覧
記事ランダム
プロ道具まとめ  プライバシーポリシー・広告について
管理コード
【登山】休日に山でコーヒーを淹れる・キャンプ道具で作るこだわりのコーヒー
びづっずぉ きぅにめぶ
るげへよと ょをせびぢ
くぁそげか たぐぽどあ
ゃげざねう くずれぱい
ざぉそえわ ぇおでぢぱ
じおほのぱ かょめきも
すぽたむあ ぃあかたど
ぴしでには まぢぇしつ
こてばげい ぃずっゃば
もんてでゅ そよわゅね
ィケピヨマ オェジケヘ
ムシツソデ サシロモベ
サニァスゼ ゼフオヤプ
サゾヂケダ コホタヒム
ャグポナイ アタニユポ
ダタマポハ ヤノラムレ
メミペキネ ホニビヘム
ノクゼガナ スヘウユケ
テヲヂユツ ギゲホピユ
ヅリヨウネ シゥンバギ