💡Amazon超大型セール開催中!会場はこちら

3,000円以下で買える甘口ワインをソムリエが紹介!

更新日:2021/11/27

Youtubeチャンネル「ワインざんまい」の動画です。
動画で紹介されているお酒を紹介します。

1、グランポレール エスプリ ド ヴァン ジャポネ 唯

  • 入数:1本
  • 原産国:日本
  • 日本ワインを、もっと身近に。日常の食卓に合わせやすい味わい
  • やや辛口
  • 合う料理:日本の日常の食卓に
  • ぶどう品種:山形県産デラウェア主体
  • アルコール度数:11.0%
  • 容器:ボトル
  • デラウェア種の特長である華やかなアロマを引き出した、やや辛口で飲みやすい味わいの微発泡スパークリングワインです。
  • スパークリング 白

2、テラザス レゼルヴァ トロンテス


ビュジェ・セルドン・メトード・アンセストラル[2019]ラファエル・バルトゥッチ ロゼ・泡・フランス・サヴォワBugey Cerdon Methode AncestraleRaphael Bartucci

3、ラ フロレット ローズ ロゼ

  • 奥野田葡萄酒醸造は、山梨県甲州市旧奥野田地区(現 塩山牛奥)にある家族経営の小さなワイナリーです。もとは地域の数軒の農家が栽培したブドウを持ち寄ってブドウ酒を造る醸造場として1962年(昭和37年)に設立されましたが、1989年(平成元年)、現在のオーナーである中村雅量(なかむらまさかず)氏が譲り受けました。現在では1.5haの自社管理農園と、一部契約農家のブドウからワイン造りを行っています。 甲州市旧奥野田地区は甲府盆地東部、勝沼(菱山)の北、塩山の南に位置し、日当たりのよい斜面、水はけのよい土壌に恵まれ、糖度の高いブドウの収穫が可能な地域です。奥野田葡萄酒醸造の自社管理農場には「桜沢」「長門原」「日灼(ひやけ)」「神田」と古くからの地名を付けた4つの圃場があり、メルロー、カベルネソーヴィニヨン、シャルドネ、デラウェアを栽培しています。他のブドウ品種では垣根栽培を採用していますが、「桜沢」圃場のデラウェアだけは棚で栽培しています。実は旧奥野田地区は明治時代に日本で初めてデラウェアが栽培された場所で、奥野田葡萄酒醸造では「日本のデラウェア栽培発祥の地」という歴史に敬意を払って昔からの棚を残しているのです。棚栽培でも糖度は20度ととても高く、この地域の他の農家の方々も「日本のデラウェア栽培発祥の地」での高品質なデラウェアに誇りと自信を持っています。
  • 培醸造責任者も務める中村さんは山梨県河口湖の出身で、東京農大卒業後、まず勝沼の中央葡萄酒(グレイスワイナリー)に就職します。その後、前身の奥野田葡萄酒を運営していた農家からの誘いを受け1989年にここを譲り受ける形で独立、さらに1998年には「夢郷葡萄研究所」を設立し農場管理も引き継ぎました。以来畑の生態系を尊重するブドウ栽培に取り組んできた結果、自然と農薬などの使用量を減らすことができるようになってきたと中村さんは語ります。 中村さんは現在、山梨県、大手電機メーカーと提携、畑に設置した気象計測機器のデータを集約して防除などの作業の適切な時期を細かく判断するシステムの開発プロジェクトに協力しています。モンスーン気候に位置する日本ではブドウの生育期に雨が多く病気が発生しやすいため防除のための農薬を使わざるを得ないのが実情ですが、ピンポイント的に適切な時期に使用することで農薬の使用量や頻度を大幅に減らすことができることがわかってきています。このプロジェクトはそうした環境問題に貢献できるシステムづくりを目的としており、山梨県ではこのシステムを県内に広めていきたいと考えているそうです。

--

以上、3,000円以下で買える甘口ワインをソムリエが紹介!でした。

お酒の記事一覧
記事ランダム
その他
プロ道具まとめ  プライバシーポリシー・広告について
管理コード
3,000円以下で買える甘口ワインをソムリエが紹介!
ずひだぁぎ かちるじへ
ほおがでよ げぜごゃだ
げゃすむん げこせやふ
べりいなあ えごづくず
めぇぶりみ けずゃぇち
べぉつぜに ぉしをゅっ
らつへゅち こおまぁぶ
きだじぃざ ろちめもゃ
まなぴだい ぴづずめん
ばつふゃし きるでふは
フゼピンプ チマダワセ
チァベセパ フヌァトケ
ィプレザペ ムッロヅキ
テョオォェ ゥモギリウ
イロヅポテ ミイジパェ
モキレゲサ ロラッゾメ
バァセドビ シゾヘァド
ガベヤォメ リダェバヌ
バフホサヂ トジルギボ
ハワャモク ロダブリグ